現在完了形の真実

 

(基本編)have p.p.、またはhas p.p.現在完了形と言います。(p.p.=いわゆる「過去分詞」)
過去分詞という言い方は実は正確ではないのですが、現在完了形の説明ではうまくいくので現在完了形の説明であるここでは使わせてもらいます。
have、hasは見て分かる通り現在形ですね。p.p.「過去」分詞。
すなわち現在完了形とは、現在と過去を足した時制です。
現在と過去を足すと4つの意味になります。
日本語訳にもそれは現れます。
完了:「〜したところ」(「〜した」=過去、「…ところ」=現在
経験:「〜したことがある」(「〜した」=過去、「ことがある」=現在
継続:「ずっと」(「ずっと」=過去。たとえば「10年間ずっと」の様な場合、「ずっと」は「10年前も9年前も8年前も…1年前も半年前も昨日も」のように過去を表しています。「〜」=現在
結果:「〜してしまい今…だ」(「〜してしまい」=過去、「今…だ」=現在
※ 現在では結果の用法は重視されず、結果は完了に含めて、完了結果・経験・継続、と3用法で説明している本も多いです。確かに結果はあまり重要視する必要はなく、3用法と考えても構わないでしょう。

このように現在完了形は現在と過去を足した時制と言えるのです。


 

(応用編)have、hasは「〜を持っている」ですね。p.p.は「…をした」です。(「過去」分詞ですから。)すなわち、have p.p.、has p.p.は「…をしたを持っている」ということになります(見たまんまですから誰でも納得でしょう。)。

①完了の場合:「私は夕食を食べたところ」のように食べ終わったばかりで、写真(↓)のようにお腹が一杯になっていたら、まさに「夕食を食べたを持っている」ということになりませんか?
これが昨日食べた夕食では使えません。
もう消化し切ってますから、ゲップも出ないし、とても「夕食を食べた、を持ってる」とは言えません。
…したを持っている」というイメージ、しっかり覚えておいて下さい。

終わったばかりの非常に現在に近い過去を表している、とも言えますね。

英文はI have eaten dinner.となります。
Photo

 

 

 


②経験の場合:「私はカナダに3回行ったことがある」ならば、「カナダに行った、(という思い出)を持っている」ことになります。
やはり経験も「…したを持っている」というイメージで説明できます。

英文はI have visited  Canada three times.となります。(=I have been to Canada three times.)
③継続の場合:「私は彼女とは10年前から友人だ」で考えましょう。
これはI have been friends with her for ten years.となります。(「10年前から」は「10年間」for 10 yearsで表すのが一般的です。since 10 years agoとは通例言いません)
10年間ずっと友人である」ということは、「10年間友人だった」状態を「今も持っている」と言います。have been friendsで「友人だった、を今も持っている」→「友人だったし今も友人だ」→「ずっと友人だ」となります。
ですからこれも「…したを持っている」でやはり説明がつきます。
④ 結果の場合:I have lost my key.で考えてみましょう。
まず 比較の為にI lost my key.はどうでしょう。
これは過去形ですから過去のことのみを表します。だから今はどうなっているのかは分からないのです。(もう新たに鍵を新たに作ってもらってるかもしれないし、無いままかもしれません。とにかく現在の情報が無くて判断がつかないのが過去形の原則だと思って下さい)
一方、I have lost my key.なら、「鍵を無くした(lost my key.)を持っている(=have)」のだから、「鍵を無くしてしまい今も無い」を表していると分かります。


 

 

補足)よく現在完了形過去を表す副詞(yesterday昨日,last week先週,last year去年etc.)と一緒には使えないといいます。

なぜでしょうか?

前提となる知識として、助動詞を含む文章の時制は何が決定しているのかを知りましょう。

(例)I can swim now. (私は今は泳げる)I could swin /when I was a boy.(私は泳げた/子供の頃)で考えましょう。

前者ではcan時制を決定していますね。現在形です。

後者は could時制を決定していますね。過去形です。

このように助動詞を含む文章の時制助動詞が決定します。

決してswimではありません。

さて、完了形ですが、have p.p.、 has p.p.の have、 hasは助動詞、 p.p.が(本)動詞として扱われます。

なので助動詞が have、 hasなので実は現在完了形現在形なのです。

* I have a book yesterday. という文章がありえるでしょうか。「私は昨日本を持っている」・・・

ありえません。

なので*I have done it yesterday.もありえないのです。

haveに重点があるのか p.p.に重点があるのか、と考えて上記を証明しようとしている本がありましたがそうではなく haveが助動詞なので現在形の文だから過去の副詞が使えないだけなのです。


如何だったでしょうか。
現在完了形は「…したを持っている」で全てが説明がつきます
見たまんまですね?
こうすれば記憶に残りやすいのではないでしょうか。
英語は見たまんまを利用して考えて行きましょう。
実は日本の英語教育見たまんまを無視して教えています。
だから難しい
気をつけて下さい。
本当は簡単なのです。